記事一覧

設立趣意書

「兵庫区地域自立支援協議会 設立趣意書」

兵庫区は、東西に広がる神戸市のほぼ真ん中に位置し、古来の歴史に彩られ中心的な役割と賑わいをもたらしながら発展してきた地域であります。南の海岸部から北の山間部にかけて工業地区・商業地区・住宅地区といった多面的な顔を持っており、この地域に暮らし働く人々が様々な分野において連携し協力し合って地域の課題解決を図ること、夢や展望を共有してその実現に努めることの出来るしっかりしたコミュニティを築くことがいつの時代にも増して求められています。

 兵庫区内で障がい者(児)の福祉・医療・保健・教育等に携わる私たち関係機関や団体は、どのような障がいがあっても必要なサービスや支援を受けながら地域の中で生き生きと暮らすことを保障していこうという福祉の潮流に沿って、密接な連携のもと障がい者の地域生活を支えるまちづくりを目的とした兵庫区障害者支援ネットワークを平成15年3月に立ち上げました。これまで幾つかの部会活動を通じて支援に取り組んで参りましたが、これからは障がい者一人ひとりの顔が見え、人となりがわかりあった形での具体的な支援によりネットワークをさらに強固にしていく必要があります。

 そこで国や市の働きかけを受けて、従来の「兵庫区障害者支援ネットワーク」を「兵庫区地域自立支援協議会」に発展的に改組いたします。このことにより要援護者と防災を考える会をはじめとする特徴的な部会活動等は協議会の中で充実・発展させ、これまでのネットワーク構成員は協議会の構成メンバーとして引き続き連携と協力の絆を深めていきたいと願っております。また地域の障がい者の抱える困難な事例については、関係者が一堂に会して情報交換と打開策を協議する地域ケア会議を協議会の中に位置づけて取り組むことになります。

 この兵庫区地域自立支援協議会が、区内の障がい者をしっかり見守る役割を果たしていけるよう、皆様の支援のノウハウを互いに磨き合い分かち合って参りましょう。

平成20年3月14日

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ