記事一覧

はっぴ~大作戦開催しました!!

ファイル 77-1.jpgファイル 77-2.jpg

この度、第2回はっぴ~大作戦を開催しました!!
当日は、113名の方が参加してくださいました。
最初に神戸市立玉津中学校のブラスバンド部さんと、太鼓サークル「空」さんが、迫力がある演奏で会場を盛り上げて下さいました。第2部では、車いす、防災スリッパづくり、補助具での豆つかみ、点字や拡大読書器の体験、リフト体験も実施しました。
たくさんの方が参加してくださり、とても良いイベントとなりました。皆様、ありがとうございました。

はっぴ~ガイドブック(平成27年度版)が完成しました。

ファイル 51-1.pdf
ファイル 51-2.pdf
ファイル 51-3.pdf

平成26年度に児童ネットワークにて作成されました「はっぴ~ガイドブック」がリニューアルされ平成27年度版として完成しました。

内閣府・障害者政策委員会 委員長代理 藤井克徳氏 講演会の報告

ファイル 49-1.jpg

 1月18日(金)に内閣府・障害者政策員会委員長代理の藤井克徳氏に来て頂き、講演会を行いました。日本の障害者福祉を捉える上での視点や制度改革推進会議が果たしてきた役割等分かりやすく説明して頂きました。

 まとめでは福祉の職業に就く人は実践者であること。障害は固有の障害と社会的障壁の相互作用であること。社会的障壁を取り除くために運動が大事で積極的に地域に出て、自分の実践を振り返る必要があることを話されました。


以下、アンケートを一部抜粋致します。

・誰の為、何の為の法律なのか、人権・権利擁護と言われる中で、どれだけ本当にそれが守られているのか、ハードもソフトもまだまだこれからだと感じました。

・大変分かりやすく、これまでの動きも含めてお話して頂きました。これからの動き、私たち一人ひとりが取り組むことを含めて学ばせて頂きました。地域の障がい者の皆さんの住みやすいまちづくりの為に何ができるのか、何をすれば良いのかをしっかり考えていきたいです。

くらす部会 報告

ファイル 47-1.jpgファイル 47-2.jpgファイル 47-3.jpgファイル 47-4.jpg

 10月3日(水)にくらし部会を行いました。障がいのある人や障がいのある子どもが安心して暮らすために、地域で問題になっていること、地域の困りごとを皆さんで話しました。参加者も障がいのある子どもお母さん、福祉施設職員、ヘルパー事業所のヘルパーさんなど多くの立場の人が参加されました。
 
意見の一部を紹介します。
・福祉サービスが複雑になり、どこに行ったら、必要な情報が得られるのか分からない。ここに行ったらどんな必要な情報も得られるという場が必要。

・障がいのある人が働く環境の改善。(賃金アップ、その人がやりがいを持って働く場を作れないか?)

・移動の支援、在宅の介護、在宅の医療それぞれが障がいのある人の生活や希望に合わせて、提供できる仕組みが一番いい。

アンケートの中にも2回目の開催を望む声も多かったので、開催しようと思います。予定日時は平成25年2月13日(水)10:00~予定しております。ご期待下さい。


 

第4回 はっぴ~カーニバル報告

ファイル 40-1.jpgファイル 40-2.jpg

11月12日にKOBE WEST NET主催で「第4回はっぴ~カーニバル」を開催しました。会場となった西神中央プレンティ広場では30の関係事業所、団体が出店し、授産製品の販売や福祉車両の展示、障害当事者の模擬体験、手話サークルなど様々な催しを行い、地域の方との交流を深めました。実行委員会でも東日本大震災の被災地作業所の応援市を開催し、被災地作業所から食料加工品を仕入れ、多くの皆様に買っていただきました。利益は義援金として被災地に送る予定です。
一方、舞台では6団体が出演し、会場を盛り上げてくれました。当日は晴天にも恵まれ、障がいのある方も生き生きと活躍され、地域の方々との交流が出来たのではないかと思います。
来年度も今年の活動を踏まえ、さらなる地域づくりや地域の皆様との交流のために、より一層、有意義な企画にしたいと思います。

ページ移動